賃貸契約の際の敷金礼金について

賃貸契約の際の敷金礼金について

住まいを確保する際の大きな選択肢として、不動産を購入する方法と、賃貸で物件を借りて暮らす方法の2通りに大きく分かれます。後者の賃貸で住まいを確保する方が、手続き面でも初期投資費用としても負担が少なくて済みます。

賃貸の場合、賃貸契約を締結する必要がありますが、その際に敷金礼金を支払うことがあります。これは、必要経費として見られがちですが、敷金と礼金は内容が異なるものですし、一概に費用としてみなすものではありません。敷金が、家主に対して支払いをし、退去時に返金されるというもので、一時預け金というか、保証金のような性質をもつものであるのに対し、礼金は契約をした際の謝礼金のようなもので、これは返金されることはなく、負担すべき費用と考えられます。最近は、この礼金を不要とする不動産業者もいます。礼金は、家賃の1〜2か月程度の金額となることが多いので、負担額としては結構大きいので、借りる側からすれば、これを負担せずに済むならそれに越したことはありません。

敷金は退去時に返金されるものと記載しましたが、現実問題、この返金でトラブルになるケースが結構多いようです。保証金としてのものですので、退去をする際に原状回復の措置が必要となる際には、その敷金を利用されます。原状回復を借主が負担すべきか家主が負担すべきかでトラブルとなることが多くあります。

そのほかの記事

Copyright (C)2014賃貸契約の際の敷金礼金について.All rights reserved.